ホーム  医業経営  開院済みの先生へ  借入のご相談について

借入のご相談について
ご紹介いたします。

1.資金計画と借入

ひとことで借入れと言いましても、その目的も方法も様々です。新たな設備投資・運転資金が不足している・住宅の購入・金利が高い現在の借入金を他の金利の低い借入れへと借り換える、などです。方法も、借入金・クレジット・リースなど多様です。

そんな数ある選択肢の中からご要望に沿った最も良い選択をすることは決して容易なことではなく、多大な労力が必要です。にもかかわらず低金利が続く現在では、どの選択をするかによって損得が大きく分かれます。

弊社では借入金等の返済シミュレーションから、借入れ等の実行まで、お客様が満足していただける最良の選択をアドバイス・支援いたします。

2.借り換え

数年前の金利の高い借入金の返済をそのまま続けて返済していませんか? この低金利の現在では事業資金・住宅資金にかかわらず、金利の低い借入金へと 借り換えするだけで大きく利息を減らすことができる場合が少なくありません。

下表のように5000万円の借入金を 20年かけて返済することとした場合に金利が3%と2%とでは支払う利息の総額は600万円近く差があります。

ただ、借り換えをするには『資金調達の方法』で述べましたように、担保や保証人が必要であり、不動産の価値等が下落している場合等には容易ではないこともあります。そのような場合にも、弊社では最良の方策をご提案させていただきます。

借入金額 返済期間 金利 月返済額 利息合計
5000万円 20年 2% 25万 1062万円
5000万円 20年 3% 28万 1643万円
5000万円 30年 2% 18万 1645万円
5000万円 30年 3% 21万 2576万円

3.リースと借入れとの比較

設備の投資をする場合に、リースによる設備投資と借入れによる設備購入のどちらを選択すればよいのかは、たいへん悩ましい問題です。担保・保証人、借入れの限度額などの理由で、リースを選択しなければならない場合もあります。

またリースと借入れの選択が可能な場合でも、個人事業主であれば所得・法人であれば利益がどの程度見込まれるのかによって節税額が変わりますし、どのような設備に投資するのかによって期間が変わるため、節税額が変わります。

もちろん借入金の利率とリース手数料率との差でも、総支払額が変わります。弊社ではこのような様々な要素を分かりやすく整理・分析し、お客様にとって最良の選択をアドバイス・支援いたします。

リースと借り入れとの比較一例
設備 5000万
借入れによる場合 借入れ額 5000万
利率 3%
設備の耐用年数 6年 → 償却率0.319
リースによる場合 リース料 100万/月 総額6000万
リース期間 5年
税率 50%
利益の見込み 設備の使用期間中は継続して高い利益が見込まれる