ホーム  企業経営  法人設立

FIAの法人設立の支援について
ご紹介いたします。

業務内容

事業規模が拡大し、税金面、組織面で個人事業として行っていくことが難しい場合の解決策、それが「法人成り」です。また、開業を決意しても、個人事業主として運営するのか、法人を設立するのか悩ましいところです。個人事業での最高税率は住民税を含めて55%ですが法人税は住民税を含めて約35%です。これだけでもメリットが大きいように思いますが、デメリットもあります。登記費用が必要であったり、法人のお金を私用で使うことに制約があったりします。それ以外のメリット・デメリットをまとめると以下になります。

メリット

①個人事業主では経費にならないものが損金になる(生命保険料etc)
②親族に退職金を支給できる
③不動産所有なら賃料をえることができる
④事業承継・組織再編が容易に行える

デメリット

①交際費に上限がある
②役員報酬が定額で年に一回しか変更できない
③赤字でも法人住民税の均等割がかかる
④社会保険の適用事業所になり、社会保険料が増加する


税理士法人FIAでは法人化のメリット・デメリットを抽出することから法人設立の方法などすべての面でバックアップします。

会計税務

事業を営む上で常につきまとう「税金」。できることなら払いたくない、経営者の方でしたら皆様そう考えられているのではないでしょうか。
税金の計算は複式簿記で記帳した会計帳簿をもとに行います。複式簿記による会計帳簿の作成を行うと、青色申告することができ、以下のようなメリットが多くあります。

①青色申告特別控除を受けることができる(個人事業主の場合)
②赤字を翌年以降に繰り越すことができる
③特別償却が適用できる
④親族への給与を必要経費にできる(個人事業主の場合)

主なものだけでもこれだけあります。デメリットは記帳しないといけないということだけです。
税理士法人FIAでは記帳の仕方や証憑の綴じ方など実務で絶対行わないといけないことの全てを指導させていただきます。また、税金対策はもちろんのこと、キャッシュフローを重視した会計も導入します。記帳代行サービスも行っておりますので、気軽にお問い合わせください。