ホーム  スタッフ紹介

スタッフ紹介

大学卒業後、一部上場企業に入社。営業部に配属され、6年間勤務の後に会計事務所に転職。
平成5年に税理士資格を取得し、その半年後に古野会計事務所を開設。
医業を中心にクライアントを着実に増やし、2014年には創業20周年を機に
税理士法人FIAを設立し、代表社員に就任。
55名率いるFIAコンサルティンググループCEOとして組織をまとめている。

名刺に書いているメッセージ=「Relationship」

人と人との繋がりを人生の中で最も大切にしています。
出会いがあり、気づきがあり、そして繋がり、人は成長していくものと思います。
多くのRelationshipにより、FIAは成長させて頂きました。
そして最高のチームワークで、これからも成長を続けたいと考えています。

大学卒業後、一部上場企業に入社。人事部並びに営業部に配属され、8年間勤務。
退職後、専門学校の設立に参加し事務局長として広範囲な業務を経験。
平成12年に古野会計事務所へ入社し、医業の新規開業支援並びに
顧問先クリニックのコンサルティング業務に従事。
税理士法人FIA 管理本部長兼メディカルコンサルティング事業本部長も務めている。

名刺に書いているメッセージ=「感謝」

今までの人生は多くの方々との出会いや支えによって成長させて頂いてまいりました。
これから先もクライアントの皆様、取引先の皆様、スタッフ、家族、
そして日々新しく出逢う全ての方々に感謝の気持ちで接してまいります。

大学卒業後、京都の税理士事務所に入社。
2年間勤務の後に古野会計事務所に入社。
平成18年に税理士登録し、平成26年に税理士法人FIAの社員税理士に就任。
平成27年、日本経営税務法務研究会認定の税務調査士の資格取得。

名刺に書いているメッセージ=「Challenge」

挑戦する精神はいつになっても忘れず行動しております。
依頼されたことができるかできないかを考える前に、まず行動を起こすことを考えます。
そして、クライアントの利益になるなら自分の知らない世界にでも臆することなく
飛び込んでいく、そんな気持ちで日々、突き進んでおります。

大学卒業後、大手証券会社に入社し3年間勤務後、税理士試験受験の専門学校にて10年間法人税法と相続税法の講師をし、平成19年に古野会計事務所に入社。
平成26年に税理士法人FIAの社員税理士に就任。現在、資産税チームを統括している。

名刺に書いているメッセージ=「愛嬌」

男は度胸・女は愛嬌という言葉がありますが、事業をしている魅力的な人は
周囲に人が集まってくる愛嬌という能力を共通して持ち合わせてます。周囲に人を集めるためには、
知識・知恵・人格など総合的な能力が長けていなくてはなりません。
その愛嬌という能力を持ち合わせている弊社の魅力的なクライアント様に自分自身を合わせるためにも、
愛嬌という言葉に個人の成長という意味を込めてメッセージにしてます。

大学卒業後、税理士試験受験の専門学校に入社。8年間講師として税理士受験の指導を行う。
その後、平成19年に古野会計事務所に入社。
平成21年より歯科医師の開業支援に携わり、現在はデンタル開業支援事業部の責任者に就任し、新規開業やセカンドオピニオンの際の相談窓口となる。
また、参加者のニーズに合わせ個別に設計したセミナーを多方面で運営する。

名刺に書いているメッセージ=「400+200」

令和2年春に、目標としていた顧問先数歯科400件を達成いたしました。
現在は医科200件達成を目指して日々取り組んでおります。
平成6年の弊社創業から蓄積してきたノウハウと、多くの顧問先からの情報を分析し
発信することによって皆様の盛業へ寄与してまいります。

大学卒業後、大手百貨店、飲食店の経営を経て、27歳で会計業界に転職。
古野会計事務所に平成22年入社。平成25年に税理士登録。
資産税の税務を得意とし、現在介護事業の分野にも積極的に取り組んでいる。

名刺に書いているメッセージ=「スマイル」

笑顔は人を惹きつけ、人を幸せにできる人間だけが持つ特別な能力だと考えています。
しかも心の持ち方、物事の捉え方で自他共にスマイルを作り出せます。
これからも、そんなスマイルを忘れない仕事を通して、皆様を笑顔にするサポートをしてまいります。

大学卒業後、平成15年に税理士試験に合格し大手税理士法人に入社。
入社後2年間監査法人に出向し、上場企業の会計監査を経験後、税理士法人にて5年間中小企業から
上場企業の税務顧問業務や、グループ内組織再編成業務、事業承継対策業務等に従事。
平成23年古野会計事務所に入社し、税務顧問業務の他、事業承継対策やM&Aにおける
税務DD業務等に従事している。

名刺に書いているメッセージ=「繋がり」

これは、ご縁をいただいたクライアントとの『繋がり』を大切にすること、またクライアントを一緒に
支えていただく金融機関、各士業等のビジネスパートナーとの『繋がり』を大切にし、
クライアントからのニーズに応じてそれを『繋げる』存在でありたいという思いからです。

谷口

大学卒業後、自動車ディーラーに入社。
その後、税理士試験の勉強に3年間専念し、2年間兵庫県の税理士事務所に勤務後、
平成25年に古野会計事務所に入社。平成26年に税理士登録。
医療法人を数多く担当し、税務だけではなく、申請手続き関係も積極的に取り組んでいる。

名刺に書いているメッセージ=「スマート」

「スマート」という言葉には、「身なりをきちんとした」「機敏である、すばやい」
「賢明な」等いろいろな意味がありますが、どれをとっても仕事において必要なものです。
この「スマート」という言葉を常に意識しながら仕事に励んでいきたいという思いから、この言葉を選びました。

大井

大学卒業後、大阪の税理士事務所に入社。
その後、平成26年税理士法人FIAに入社。
平成28年税理士登録。
税務顧問のほか、デンタル開業支援事業部に所属し、開業支援の窓口などに従事している。

名刺に書いているメッセージ=「元気」

元気があれば何でもできる。
100%の力を発揮するためには、気力体力の充実が必要です。
また、企業にとっての元気の源泉は、利益に集約されると考えます。
クライアントの皆様の元気に貢献できるよう、尽力いたします。

大学卒業後、京都の税理士法人に入社。平成25年に税理士登録。
平成27年に税理士法人FIAに入社。
税務顧問業務の他に、事業承継、資産税のプロジェクトチームのメンバーとして
事業承継対策、株価対策、相続対策、相続申告などの業務を行っている。

名刺に書いているメッセージ=「継続は力なり」

物事を取り組む際に最も大切なのが、信念を持って継続して最後までやり抜くことだと思います。
継続することは非常に困難なことですが、これを日々繰り返すことで大きな力となり、
周りに良い影響をもたらすという気持ちをこめてこの言葉にしました。

大学卒業後、小売業界の大手企業に入社。
店舗の運営を3年間経験し、その後平成19年に古野会計事務所に入社 。
平成28年税理士登録 。
個人課税の税務を得意とし、社内では確定申告業務マニュアルを作成するなど
業務効率化にも取り組んでいる。

名刺に書いているメッセージ=「誠実」

ご縁をいただいたクライアントとはまず信頼関係を築くことを第一と考え、
そのために最も大切なことは人として「誠実」であることと考えています。
人として、正直であること、謙虚であること、また約束を守ること。
そういった当たり前を大切に信頼関係を構築し、クライアントの皆様と共に成長していければと考えています。

大学卒業後、一般企業での営業職を経て会計業界に転職。
税理士資格取得後、平成27年に税理士法人FIAに入社し、税理士登録を行う。
一般法人・医業のクライアントの税務顧問業務の他、資産税や事業承継対策にも従事しており、
幅広い業務に積極的に取り組んでいる。

名刺に書いているメッセージ=「Work N’Trust」

信頼はお金では決して買うことができず、使命感を持って職務を全うし、
クライアントそして社会に貢献できたことによってはじめて得ることができる宝物であると確信しております。
これからもFIAを通じてめぐり逢う多くの方々から、信頼を得ることができますよう邁進してまいります。

大学卒業後、京都の税理士事務所に入社し、平成20年に税理士登録。
平成22年古野会計事務所に入社。
生命保険等を活用した各種スキームの提案を得意とし、 法人や医業顧問先に対する税務顧問業務に従事している。

名刺に書いているメッセージ=「Professional Role」

税理士業務はノウハウの豊富さ、情報の早さが非常に重要です。
激変の時代の中、膨大な量のノウハウや情報を一人で身につけることには限界がありますが、
FIAは様々な専門分野を持ったエキスパートがチームとして対応することで高いレベルのサービスを幅広く提供できることが強みだと思います。
私もまたFIAの一員として専門分野をもったエキスパートとして、プロとしての役割を果たすことで貢献していきたいと考えております。

医療技術短大を卒業後、臨床検査技師として製薬会社の臨床検査部と、医療法人で生化学検査に携わり、3年間勤務の後に会計事務所に転職。
平成8年に古野会計事務所に入社。平成16年に税理士登録。
社内の教育制度を構築し、また業務合理化プロジェクトで業務マニュアル整備等を進め、今年はマイナンバープロジェクトで社内外の規程の整備を進めている。

名刺に書いているメッセージ=「Service」

クライアントの皆様に満足していただける仕事をし、より良いServiceを提供し、
貢献したいとの思いを込めて「Service」という言葉を選びました。