ホーム  企業 事業承継 事業承継の3つの構成要素

事業承継の3つの構成要素

事業承継とは、文字通り「事業」そのものを「承継」する取り組みです。後継者に承継すべき事項は多岐にわたりますが、大きくは「人」、「資産」、「知的資産」の3つの要素に分けられます。

人の承継

・経営権
中小企業においてはノウハウや取引関係等が経営者個人に集中していることが多いため、事業の円滑な運営や業績が経営者の資質に大きく左右される傾向があります。

資産の承継

・株式
・事業用資産(設備・不動産等)
・資金(運転資金・借入等)

会社保有の資産の価値は自社株の評価となるため、事業承継では株式の承継が基本となります。
株式・事業用資産を贈与・相続により承継する場合、資産の状況によっては多額の贈与税・相続税が発生することがあります。
後継者に資金力がない場合には、税負担を回避するために株式・事業用資産を分散して承継する方法を検討しなければなりません。

資産の承継については、専門的かつ多岐にわたる考慮すべきポイントがあるため、早期に専門家へご相談いただくことをおすすめ致します。

知的資産の承継

・経営者理念
・従業員の技術や技能
・ノウハウ
・経営者の信用
・取引先との人脈
・顧客情報
・知的財産権(特許等)  

知的資産こそが会社の「強み」・「価値」であることから、知的資産を次世代に承継することができなければ、その企業は競争力を失い、将来的には事業の継続すら危ぶまれる事態に陥ることも考えられます。
自社の強み・価値の源泉がどこにあるのかを現経営者が理解し、これを後継者に承継するための取り組みがきわめて重要です。